<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

寒くなったら気をつけろ!


今は腫れもひき元気です
c0136296_072732.jpg

最近ひやりとした事があった。
先々週、タカベビーが元気がなく、水も飲まず、勿論フードも食べず、ずーっと寝てばかり、そしてトイレにも行った様子がない。
え~っ?またあれ?

思い当たる事が大有りなので苦しまないうちにと病院へ行った。

18年 1月 5日・・・・下部尿路疾患(尿路閉塞症)手術 3日頃から様子が変だった  
    11月 27日・・    同              手術 手術中膀胱破裂
20年 1月 8日・・・・     同           手術 6日頃から様子が変だった

と、タカベーは再発を繰り返して来ていた。

この病気は尿が出なくなるのでとても苦しいのだ。

今回も11月の8日頃からじーっと寝てばかり。
トイレにはいっていないし9日の日曜日にモモのお世話になった病院の方へ行く。

もうてっきり再発かと観念していたが、尿検査・・ok 導尿処置・・ok  x線検査・・ok で原因は?と思ったら顔がちょっと変なのに気がついた。
左の頬が腫れていて触ったら痛がったので詳しく診察してもらったが原因は分からず、一応抗生物質を処方されて帰ってきた。
最悪の再発はなく、ほっと胸をなでおろした。

この病気の為、タカベーは療養食を食べなければならないのに、せっかくの制限食も飽きるとベアボーの・7才以上食・やむねおの・アダルト食・も食べている。むねおはタカベーの療養食の方が好きみたいだし、多頭飼いの食事制限は難しい。 


ベアボーイも元気になりました
c0136296_2175460.jpg

ベアボーイは先週の日曜日の午後から吐き出した。

最初はいつもの生理的なものかなと思っていたのだが、夜になっても嘔吐が止まらない。

水を飲むとすぐ吐くし、何も出てこないくらい吐きまくっていたので17日の月曜日にタカベーと一緒の病院に行った。
下痢もしていないし、口からよだれも出ていないし、水を飲もうとするし、寝ていると嘔吐はしないので、制吐剤の注射をしてもらおうと簡単に思っていたら、全身のx線検査、血液検査、とおお事になってしまった。

血液化学検査項目のTCHOの値が高く、それ以外は正常範囲だった。この値は多くの病気で上がるのだそうです。だから何かで嘔吐があったのでしょう。
ベアボーみたいなデブちゃん猫は脱水に弱いとの事で、皮下補液と制吐剤の注射をしてもらった。
4時頃行ったのに帰りは7時をまわっていた。おまけに大雨になり、環状線の長~い坂道をハンドルにしがみついて帰ってきた。
助手席でベアボーイは注射が効いたのか静かに寝ていた。

先生から・猫では13才は老猫に入るので普段から十分に気をつけてあげなさい・と言われました。
まだまだ若いと思ってきたが、ベアボーイもタカベビーも(半年違い)13才になっていたのだ。
いつ何時に何かが起こるかわからない。

それにしても、今から雪でも降ったら夜の環状線の長~い坂道を走るのは怖い。
我が家と病院は市の端から端で、気温も2度くらい違うのだ。

ベアちゃん、タカちゃん、静かに冬を越しましょう^^ねっ
[PR]

by axcel05 | 2008-11-21 23:57  

スープの季節

ミネストローネを作りました
今回は初めてブイヨンも作りましたc0136296_235507.jpg















産直野菜と自家製野菜で野菜いっぱいのミネストローネスープを作った。
大の圧力鍋いっぱい作ったので半分は冷凍保存した。
3人だけなのに、ついいつも沢山作ってしまいます。

今回の材料
c0136296_2393363.jpg我が家の材料
手製のブイヨン 玉葱 さつま芋 人参 ベーコン 大根 セロリ バジル(葉4枚) ニンニク トマト缶2個(我が家はカゴメの基本のトマトソースを使う)
材料を全部をさいの目に切る
圧力鍋にオリーブオイル にんにくの微塵切りを入れ、人参から材料を炒める。
ブイヨン トマト缶 バジル葉 を入れ蓋をして圧力(ピンが上がったら)2分。
急冷して蓋を開け、塩 胡椒で味を調整する。

今回はさつま芋を入れているため、少々甘さもあり、ブイヨンもほのかに甘く、ちょっとした隠し味になっていた。

簡単ブイヨン・・・・でもこれは時間がかかったc0136296_23132648.jpgc0136296_23162749.jpg








いつもは固形のブイヨンを使っていましたが、今回はテレビで見た簡単ブイヨンを作って見ました。
材料・・・くず野菜と鳥の挽肉
今回のくず野菜は(人参 大根 玉葱 セロリ リンゴ(実) キャベツ )の皮や葉の部分を良く洗い、鳥の挽肉を入れて(沸騰するとブイヨンが濁るので沸騰しないように)トロトロ(1時間半くらい)煮込んだ。
その後、キッチンペーパーで濾す。



今日はY子ちゃんの結婚式

なつかしい写真から20年前のY子ちゃんを見つけました。
今は素敵なレデイになって嫁ぐのですね。
お幸せに!                          RとY子ちゃん

c0136296_1192434.jpgc0136296_120195.jpg
[PR]

by axcel05 | 2008-11-15 23:34  

アルバムから・・・終わり

知ってか知らずか・・・
c0136296_4175973.jpg

ベアボーがぼーっとしてたたずんでいると、アクセルがいないので寂しそうに見える。
今まで猫や犬との別れは何度かあったが、猫や犬は亡骸にはあまり近づかなかった。
でもベアボーは臭いをかんだり、足の方に寄り添うこともあった。いなくなった今・・・何を思う


アルバムから・・・終わり


c0136296_2384871.jpg

好きな写真・・・この足誰の?

c0136296_005687.jpg

はなもいた頃

c0136296_03212.jpg

無理やり一緒・・・この頃はソファに上がるのもやっとだった

c0136296_065699.jpg

アクセルはもういない


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


c0136296_3563914.jpg














アクセルは骨になってしまった。
Oも私も朝に夕に毎日線香を立てている。お花も頂いたりして、今はひまわりやピンクのカーネーションや白いカーネーションにつつまれて静かにそこにいる。

アクセルの一生は人や仲間にはは恵まれていたと思う。
車で30分のところに母犬がいて、色々な記念日に呼ばれていたし、母犬も我が家にも来て一緒に散歩したり、ボールで遊んだ。
躾教室やアジリテイにも一緒に通ったし、覚えも早かった。

そして寝るときは私のベットの足元で寝ていた。
暑がりなので夏はクーラーのしたで、冬もヒーターの傍で他の猫や犬の中心にいた。

生まれた時から皆に可愛がられ、決して愛想は良くない顔だったが、性格は本当に穏やかだった。
耳では辛い病院通いをしたが、治療では声も上げず、どの先生にも褒められていた。

しかし、これには後で衝撃的なこと分かった。
14,5才頃には耳は殆んど聞こえなくなっていた。片方の耳は爛れていて治療しないと臭いがでた。その治療の時、右の頬の所からよく出血するようになり、病院では ・毛膿が敗れたのでしょう・と言うことでよく止血だけしてもらった。

今思えば、治療中は耐え難い痛さがあったのでしょう。診察室に呼ばれると帰ろうとしていたし、診察台に上がると震えることがあった。
そして今回、どこか痛いのか、うーっと声を漏らすことがあった時、唇のびらびらが口の中に入っているので、とってやろうとしたら、なんと噛み締めた頬に穴が開いていた。
この場所は病院でいつも出血する場所だった。黒くてよく分からなかったがアクセルは自分の頬を噛んで痛みを我慢していたのだ。

今は痛みからも解放されてチャースケやはなやジョンやムラッキーと一緒にいるのでしょう



当時はブログなんて書くつもりはなかったし、カメラを持って歩くなんてあまりなかったし、おまけに撮影が極めて下手で見苦しい写真ばかり載せてしまいました。
いい写真もあったのですが、顔が出ることになるので載せませんでした。しかし、撮ろうと思うと傍にはカメラ無しでチャンスは難しい!でも懲りないで今後もゆっくり構えていきますのでよろしく

[PR]

by axcel05 | 2008-11-14 20:13  

りんごを貰う

ジャムを作りました
c0136296_23575046.jpg
世界一というりんごを頂いた。
少々傷有りと言うことでしたがおいしいりんごです。
何しろ大きさが普通のりんごの2倍はあり半分食べるともう沢山。
折角だからジャムを作りました。酸味のないりんごなのですっきりしたやさしい味のジャムができました。

りんごと砂糖だけで圧力鍋で形を崩し、後はひたすらコトコト(溶岩が湧き出てドロドロ沸々と飛び散るごとく)煮詰めましたc0136296_23594991.jpgc0136296_015126.jpg









c0136296_03859.jpgりんご8個(普通の大きさのりんごなら15~16個分)でマヨネーズが480グラム入っていた瓶で3本分のジャムが出来た。
砂糖はてんさい糖を使った。
日持ちする様に瓶は煮沸消毒し、ジャムを詰めた後は熱湯で滅菌した。






アルバムから・・・その3

癒し・・タカベーは何回か入院した。帰ってくるとアクセルと寝ていた。
c0136296_1393034.jpg

ベアボーはいつも いつも一緒だった。
c0136296_1423421.jpg


むねおは子猫の時からアクセルの懐で育った
c0136296_1453085.jpg


ムラッキーはアクセルが帰るといつもくっついていた。
c0136296_1531928.jpg

[PR]

by axcel05 | 2008-11-11 23:26  

今日も(その日)も秋晴れだった

食べています
8月末に植えた葉物が育っています
c0136296_22291754.jpg

チンゲン菜、小松菜、ほうれん草、赤い小さい大根のようなカブ(名前が分からない)、葱、が畑の方にありOが収穫してきた。
トウモロコシやズッキーニの後に植えた葉物は、約2ヶ月で食卓にあがるくらいになる。
今まで漠然としていた野菜の成長がちょっと分かってきてうれしい。
しかし、写真で見るように、売っている野菜とは程遠くちょっと小さいし、形も不揃いだ。
でもOやNさんには悪いが、・まだ採るのが早いんじゃないかな?・と思っているのだが、黙って食べています。

伸びきったブロッコリーも良く茹でて刻み、からしマヨネーズで合えたらおいしかった。 c0136296_22305445.jpgc0136296_22321882.jpg








この小さな赤いだいこんはマヨネーズでも、スーパー味噌に合えてもおいしかった。でも甘酢につけたら、いい食感でちょっとした箸休めになった。



アルバムから・・・その2

休みの日は皆で散歩しました
c0136296_0382570.jpg

この写真は散歩の途中で寄った公園で犬友達に撮って貰いました。
c0136296_2102645.jpg

c0136296_2191176.jpg

[PR]

by axcel05 | 2008-11-08 23:23  

日々懐かしむ


最後のミニトマト
庭が寂しくなります。
c0136296_1382181.jpg

2日、3日は天気に恵まれ庭のミニトマトの鉢を片付けた。

このミニトマトは鉢にもかかわらず、沢山の実を付けた。フルーツミニトマトと言うことで購入したら確かに酸味が少なく程よい甘さがあっておいしいトマトでした。
さすがに今の季節になると少し硬くなりましたが、順調に実は赤くなり、最後までおいしく食べる事が出来ました。


アルバムから・・・その1

アクセルの兄弟
c0136296_1371159.jpg

c0136296_139997.jpg

みな丸々として、他より一回り大きい子犬がアクセルでした

初めて我が家にやってきた日
c0136296_1404633.jpg

1992年10月5日に生まれて翌年3月、5ヶ月の時(かなり大きくなってから)我が家に来ました。
とても元気な子犬で待ち望んでいたJがつきっきりでした。

母と子
c0136296_3293093.jpg

アクセルは私の実家で生まれたため、母犬に会うことは出来ました。
ボールが大好きで、よく2匹で狭い家の中でボールを取り合っていました。
[PR]

by axcel05 | 2008-11-03 23:35