<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

何とか!

     むねおとムーン
     地震を引きずっている?・・・しばらくは傍を離れなかった
c0136296_19504175.jpg
     タカベーは強し?
     地震の後行方不明(二階に居たことは分っていた)で、呼んでも呼んでも来なかった                    
     捜したらベットの下でじっとしていた
     さすが16才の貫禄!!何でも分ってらっしゃる^
c0136296_19512984.jpg


More被災
[PR]

by axcel05 | 2011-03-31 19:52  

大震災

神妙な顔  むねおは地震のゆれも時はキッチンの窓の枠の所にいた
        ガラスが割れなくて良かった

c0136296_1632243.jpg
     その後はテーブルの下でムーンといた
c0136296_1641186.jpg
     怯えぱなしののムーン   ムーンは余震の度に小刻みに身体を震わせていた
     タカベーは2階にいたのだがしばらくは行方不明だった


c0136296_1634226.jpg3月11日の巨大地震
  揺れて揺れて更に揺れて長かった








c0136296_21385660.jpg
    本棚が崩れた二階のriritaの部屋
    何故か北西側の部屋のものが倒れたのは我が家だけではなかった
    一階はS子さんの部屋のテレビが転がっていた
c0136296_21462739.jpg
      真っ暗な夜が訪れた  その中での余震ほど恐ろしいものはない
      幸い電池の買い置きが沢山あったのでテレビからの情報が得られた
      窓の外に目をやると山の稜線が赤かった
c0136296_21495130.jpg
これは雲ではなく石油基地が燃えている煙、昨日の夜稜線が赤かったのはこの煙だった。鎮火まで3日くらいは燃えていた

     水・電気・ガス・が止まった

水道の給水車も足らないので災害時に指定されている応急給水施設に水を求めて長~い列が出来ていた

c0136296_2205548.jpg
c0136296_2213220.jpg
長い時で3時間待ちだったそうです
私達がポリ缶を持って水を求めた時は1時間並んだ



c0136296_2225724.jpg   復活
もしか・使うかも・と捨てられないで倉庫にしまっていた石油ストーブを震災の次の日に出した。
幸い石油もあったので電気がなくても暖をとり、お湯を沸かし、調理にも利用した。
しかし、余震の度に消しながら使っている
17日に電気が回復した後も暖房はこれだけ。
お陰でいつもお湯が沸き、コトコト煮
c0136296_2235354.jpgこみを作っている
ファンヒーターやエアコンはとても使えない。部屋が明るくなっただけでも感謝。

お湯は冷めないように水筒をもかき集めて保温した




c0136296_2254485.jpgガスは復きゅうのめどがたたずカセットフー(卓上コンロ)に世話になる。
そのボンベのストックも最初は3本しかなく2本を友人に頂き、6本もJが調達してくれた。
なんともそのボンベ、かなり熱量があり一本でご飯を炊くことも出来、圧力鍋でシチューを作り、味噌汁も作り、お湯も沸かせた。
c0136296_2263873.jpg
トイレの水

これには本当に困りました
地域の中学校のプールの水が解放されたが、入れ物がなく、それにわずかになったガソリンを使いたくなく、洗面の後の水やコメのとぎ汁や手足を洗った後の水などニ次水を利用してまかなった。

Moreそして
[PR]

by axcel05 | 2011-03-20 16:00